UNICORN HYBRID BLACKビデオチュートリアル

Unicorn Hybrid Blackのウェアラブル脳波ヘッドセットとUnicorn Suiteのソフトウェア環境で簡単にオンボード。

ハードウェアの設定と取り扱い

この動画では、Unicorn Hybrid Blackのハードウェアの組み立て方と、Unicornキャップにデバイスを接続する方法を紹介しています。

技術

Unicorn Suite

このチュートリアルでは、Unicorn Suite Hybrid Black ソフトウェアの使用開始方法、ライセンスキーの使用方法、スムーズに動作するためにお使いのコンピュータに必要な前提条件について説明します。

もっと詳しく

Unicorn Recorder

Unicorn RecorderアプリケーションはUnicorn Suiteの一部であり、Unicorn Hybrid Blackヘッドセットからデータを取得、可視化、記録するために使用することができます。事前に定義されたノッチフィルタとバンドパスフィルタを使用して、生の脳波を処理することができます。記録したデータはCSVファイルに保存することができます。

もっと詳しく

UNICORN BLONDY CHECK

Unicorn Blondy Checkは、顔、風景、食べ物、ロゴ、または広告からの画像をその後にランク付けするために視覚誘発電位のP300を使用しています。画像はランダムな順序で提示されます。

もっと詳しく

Unicorn Speller

Unicorn Spellerは、P300パラダイムを使用し、Unicorn SpheroとUnicorn Paintingのアドオンが付属しているウェアラブルUnicorn Hybrid Black用のスペリング・アプリケーションです。ソフトウェアには、コミュニケーションのための文字や数字、コントロールのための文字で構成された特殊なスペリングボードが用意されています。

もっと詳しく

Unicorn Speller: 絵画アドオン

この動画では、文字、数字、文字のスペラーボードとペインティングキャンバスを紹介します。

もっと詳しく

Unicorn Speller: Spheroアドオン

Spheroアドオンは、Spheroロボットやその他のデバイスを制御するための文字付きスペラーボードを提供しています。

もっと詳しく

Unicorn Python API

Unicorn Python APIを利用することで、ユーザーは低レベルのデータ取得の問題に煩わされることなく、Unicorn Hybrid Blackデバイスから簡単にデータを取得することができます。

もっと詳しく

Unicorn Simulink Interface

Unicorn Simulinkインターフェイスを使用すると、記録したデータをSimulinkに読み込んでリアルタイム処理を行うことができます。MATLABとSimulink 2017aとSignal Processing Toolboxが必要です。

もっと詳しく

Lab Streaming Layer (LSL)

ラボ・ストリーミング・レイヤー(LSL)は、研究実験における測定時系列の統一的な収集のためのシステムであり、ネットワーキング、時間同期、(ほぼ)リアルタイム・アクセス、さらにはデータの集中的な収集、閲覧、ディスクへの記録の両方を処理します。

GITHUBで詳しく知る

User Dataprogram Protocol (UDP)

UDP (User Datagram Protocol) は、主にインターネット上のアプリケーション間で低レイテンシと耐欠損性のある接続を確立するために使用される TCP (Transmission Control Protocol) に代わる通信プロトコルです。

GITHUBで詳しく知る

Unicorn Suite: C API

Unicorn C APIを使用することで、ユーザーはUnicorn Hybrid Blackからデータを取得することができます。

もっと詳しく

Unicorn Suite: .NET API

.Net APIを使用すると、低レベルのデータ取得の問題の世話をする必要がなく、生のバイナリデータストリームは、ユーザーが分析するために受け取る物理的な値に変換されます。

もっと詳しく

Unity

Unicorn Hybrid Blackを使えば、Unityベースのアプリケーションやゲームをコントロールすることができます。このビデオでは、UnicornとUnityを接続する方法を紹介しています。

GITHUBで詳しく知る